3/4
34人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ
次の日も、その次の日も、見てしまった。 日に日に、とてもリアルになっている。 「お方様!いけませぬ、なりませぬ」 「離せ! …御屋形様…!!」 火の中に伸ばした手ーージリジリと皮膚が焦げ、熱風で髪が舞い上がる 「………去ね!」 ドン!火の中から逞しい腕が伸びてーー突き飛ばされる。 「いやぁ…!!」 「來未?」 ゆさゆさとカラダを揺すられ、パチッと目が覚める。 涙が流れてーー優人と目が合う。 「大丈夫?うなされてた…」 「あ…」 やけにリアルな、夢。 左手の甲が、ひどく熱く、痛くてーー 思わずさすると、優人がそっと握ってくれた。 「來未…痛むの?」 私の左手の甲には、生まれつき大きな痣がある。 皮膚が真っ黒で 小さい頃、父と母は、何度も皮膚移植をしようとしたが、医師からもう少し大きくなってから考えるよう言われたという。 母は、自分のせいと思ったんだろう、何度も謝ってくれた。 でも、母のせいではない。これは、生まれつきなんだから。 他人からじろじろ見られることはあったが、私はあまり気に病むこともなく、育った。 優人と出会ってーー優人も気にしないと言ってくれたから…今もそのままだ。 優人が左手の甲に唇を寄せる。 「痛いの?來未の手が…早く、痛くなくなりますように」
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!