第4話『勇者の凱旋だ。違うかも』

1/1
1964人が本棚に入れています
本棚に追加
/92

第4話『勇者の凱旋だ。違うかも』

 魔王を倒した。倒しました。  開始数分で俺の冒険は終わってしまった。  これだけあっさりだと特に感慨もない。  達成感もないし、むしろ空しい。  苦楽を共にしたパーティと喜びをわかちあう展開が欲しかった。  旅のなかでいい感じになったヒロインもいないとか何なんだよ。  世の中のチートで喜んでる連中はこんなのの何が面白いんだ?   そりゃ難しすぎるのも嫌だけどさ。バランス設定って大変だよな。  人同士の関わりかたとよく似てる。  どっちかを優先するとどっちかが立たなくなる。  ……やめよう。つまらない話だ。一人で考えててもむなしいだけ。  せっかく魔王を倒したし、戦利品でも回収するか。  異世界生活がいつまで続くかわからんし、先立つものに変える金目のものが必要だ。  雑魚モンスターは後回しで魔王の装備品を検分する。  ごそごそと所持品をまさぐる俺。ああ、盗賊みたいだな。  現代でやったら強盗殺人やぞ。  だけど相手が魔王だからこの世界ならきっと許してもらえる。  大義名分があれば殺しも正義になる。  倫理観って絶対じゃないんだよな。時と場合でコロコロ変わる。  釈然としないけど。そういうもんだ。 「…………」  おっと、なんか茶色い袋が魔王の腰に巻いてあるぞ。  軽くてペラッペラ。中身が入っていないのか?  肌触りはいい。なかなか上質な生地を使っているようだ。  ステータスに鑑定能力があったのを思い出し、チェック。 【アイテムバッグ(空間魔法・時間凍結魔法付与)】 【東京ドーム3つ分の量までアイテムを入れることができる。バッグに入れたアイテムは内部で時間が凍結されるため、劣化することはない】  東京ドームって……なんか萎える……。  観測者の俺にわかる例え方をしてるんだろうけど。  けど、いいものを拾った。こいつは使えそうだ。  倒した獲物とか保存食を入れるのに重宝するだろう。  早速、俺は魔王と宰相をバッグに突っ込む。  こいつらにはきっと高い懸賞金がかかっているはずだ。  ついでに転がっている雑兵も回収。  武器や鎧、部屋にある貴金属の類もすべて詰め込む。  素材として売れば結構な値段になるんじゃないだろうか。  殺し殺され、弱肉強食。  命を奪ったことに少しばかり良心が痛んだが、下手をすれば俺が殺されていたかもしれない。自然の仕組みに従って俺の糧になってもらおう。  ずっしりと重くなって……はいないが、容量の増えたバッグを肩にかけて俺は部屋を出る。  こんな楽勝でいいのか? あいつ本当に魔王だったの? でもステータスには魔王って書いてあったしなぁ。  まあいいや。  城の中にはまだ結構なモンスター兵士がいたが、隠密スキルの力でバレずに素通り。  全滅させてもいいんだが、今すぐ狩る必要はないだろう。  魔王亡き後もここに残っていたら定期的に狩りにくるか。  いい収入源になる。  城の外に出ると昼だった。  太陽が昇って青空が広がっている。湿気がなくて空気が軽い。  城のなかはあんなにジメジメしてたのに。  空調管理とかしてなかったのかな。そういえば窓もなかった気がする。  魔王だから明るいのが苦手だったのか? 今となってはわからない。  魔王城は森に囲まれた場所に立地していた。  城から出た俺は人里を求めて森の中を歩く。  歩いても歩いても木ばっかり。人間の町はどこだよ。  木の枝をパキンと踏みながら前に進む。  待ってろ、異世界人たち。魔王の首を土産に勇者の凱旋だ。  凱旋っていうのか? 始まりが魔王城だから違うかも。 『グガアアアアアッ』  ――ビュッ、ビュッ、ビュッ  途中で熊みたいな魔物が出てきたので水魔法で撃退した。  ウェブ小説サイトで年間一位になれそうな音がした。  倒したらアイテムバックに収納。  こういう感じで野宿をしながら俺は初めての町を目指した。
/92

最初のコメントを投稿しよう!