元ナンパ君の純愛 ②

1/1
981人が本棚に入れています
本棚に追加
/10

元ナンパ君の純愛 ②

卒業後の休みの間に、有給を取ってくれたお姉さんと初めて旅行に行った。 何日も連続でずっと一緒に居られるのは初めてで、浮かれていた気がする。 まあ、お姉さんも浮かれてたけど。 でも、その半分はきっと、俺と旅行に来たからではなく、旅行先が某テーマパークだったから。 パーク内ではしゃぐ彼女は、いつもの年上のお姉さんっぽさはなくて、可愛かった。 可愛かったけど、なんかちょっと悔しい。 そう思いながらも、俺の部屋にはちゃっかりその時の写真が飾ってあるけど。 楽しい時間はあっという間に過ぎ去り、入社して早2週間。 正直俺は、社会人をなめていた気がする。 細かい所まで、覚えることがやたら多い。 電話の受け答えの仕方とか、今まで気にしたことなんか全くない。 社会人って、本気で大変だ。 でも、彼女の顔を見たら、頑張らないとって思う。 彼女の不安を、少しでも早く解消したい。 その為には、早く一人前になって、彼女を嫁にする。 俺だって、もたもたしている間に、彼女を奪われるなんて嫌だからな。 「そういえば、明日俺飲み会だから、夜行けないかも。」 明日の事を言い忘れていたことを思い出して、家に来ていた彼女に伝える。 「新人歓迎会?」 「そうそう。正直ちょっと面倒なんだけど。」 「飲み会も仕事の内だよ。頑張れ。」 金曜日の夜は、俺が土日休みな事もあって、彼女が夜勤で無ければ泊まりに行くことにしている。 でも明日は、一体何時に飲み会が終わるのか分からないから、行けない可能性が高い。 だから本音は、ちょっとじゃなくてかなり面倒。 「…寂しくないの?」 「え?」 「俺は会えないかもしれないと思うと、めっちゃ寂しいんだけど。お姉さんは違うの?」 「…そんなわけないでしょ。寂しいよ。」 「良かった。明日、行けそうなら連絡するから。」 「うん、分かった。でも、君の歓迎会なんだから、無理しなくていいからね。」 彼女の為なら、多少の無理は何てことない。 でも、無理しても喜ばないのが分かっているから、俺は素直に頷いておいた。 翌日の夜。 よくある居酒屋で開催された歓迎会を、俺は最悪な気分で過ごしていた。 その原因は隣の席の女だ。 一つ上の先輩社員で、社内でも俺に何かと話しかけてきていた。 ただその内容が、彼女いるの?とか、夜暇?とかが殆どだったから、仕事以外の要件は失礼にならない程度にスルーしていた。 なのに、全然俺の真意が伝わっていないらしい。 座る位置がめっちゃ近い。ちょっとずつ俺の方に寄ってきてんじゃねーよ。 しかも、チラチラと横目で見てきてるし。ウザい。 しかも、香水がめちゃくちゃ臭い。 どんだけ振ったらそんだけ臭くなるんだよ。 はあ…彼女の匂いが恋しい… その時、その女の手が、俺の太ももの上に置かれそうになった。 寸での所で何とか避けたが。 もう我慢の限界。無理。ウザい。 「あの、ちょっとすいません。」 「なぁに?」 俺に避けられたことで不満そうだった顔が、一瞬で甘ったるい笑顔になる。 今の、絶対語尾にハートが付いてたぞ。 鳥肌が立ちそうだ。 「近すぎるんで、離れてもらっていいですか?香水の匂いが服について、彼女に変な誤解されたくないんで。」 「…え?」 あり得ない事を言われてるみたいな顔で、呆然と俺を見てるけど、俺が嬉しいとでも思ってたんだろうか。 確かに顔は可愛い類なんだろうけど。誘われるとでも思ってたんなら、勘違いも甚だしい。 触られそうになった時、気持ち悪さしかなかったし。 やっぱり俺は、彼女以外ではダメなんだと再認識した。 その後、トイレに行った時に主任から声をかけられた。 「君、凄いな。」 「何がですか?」 「彼女にあんな事言った男を、俺は初めて見たよ。」 さっきの女の事か。 その言い方から察するに、色んな社員にちょっかいをかけているんだろうな。 そんな俺の想像を肯定するように、主任はあの女について話し始めた。 「君みたいに見た目がいい男性社員はほとんど食われてるんだよ。既婚者だろうが、独身だろうが。見た目だけは可愛いだろ、彼女。だから皆、コロッとやられてしまう。」 「主任もそうなんですか?」 「冗談だろ。俺には大事な嫁がいるし、可愛い子供もいる。それに、ああいう女は嫌いなんだ。」 「…同感です。」 今の俺は、だが。 昔の俺なら、誘いを断ることはしなかっただろうからな。 「君は遊んでそうだと思ったのに、意外としっかりしていて驚いたよ。見た目で決めつけるのは、やっぱり良くないな。すまない。」 「いえ、よく言われるんで慣れてます。」 実際、彼女と出会うまでは遊んでたし。 トイレから戻った後は、主任とずっと話していた。 仕事の事もそうだけど、主にプライベートについて。 主任は相当な愛妻家なようで、奥さんや子供の写真を見せながら、嬉しそうに愛しそうに、馴れ初めなんかの惚気話を聞かされた。 それを聞きながら、俺は羨ましかった。 家に帰ったら、毎日無条件で大好きな人が居てくれる。 早く俺も、大好きな彼女とそうなりたい。 その思いが強くなった。 だけど、俺が羨ましそうに聞いていたからか、主任に釘を刺されてしまった。 「君はさっき彼女がいると言っていたが、もしも将来の事を考えているのなら、1年目だけは絶対に我慢しろよ。男はやっぱり仕事が大事だからな。出来れば2~3年と言いたいところだが、特に1年目は仕事に集中した方がいい。」 「…やっぱりそうですよね。」 「彼女の事が大切なら尚更な。」 「頑張ります。」 そう言うと、主任は肩を叩きながら笑ってくれた。 一次会が終了し、二次会の参加者が募られる。 新人はほぼ強制のようだった。 仕方ないか…、と思っていた俺に、主任が耳打ちしてくれる。 「彼女に会いに行くんだろ?うまい事言って誤魔化しといてやるから、行っていいぞ。」 「ありがとうございます…!」 主任が神様のように見えた。 それぐらい有難かった。 さっきの話で、彼女に会いたくて仕方なくなっていたから。 シレっと集団から離れた俺は、急いで彼女に電話をかけた。 「…もしもし?もう終わったの?」 「うん。今から行くから待っててくれる?」 「分かった。気を付けてきてね。」 電話を切った後、走って駅へと向かい、丁度来ていた電車に飛び乗った。 気持ちが逸っているせいか、いつもと変わらないはずの電車の速度が遅く感じてしまう。 彼女の家に辿り着いた頃には、俺は息切れしていた。 でも、そんなの気にならない。 合い鍵で急いで中に入り、音に気付いて出迎えようとしていた彼女を、そのままの勢いで抱きしめた。 「ちょ、どうしたの、いきなり。何かあった?」 「何もないよ。何もないけど…ただ、お姉さんの事が好きだなって思ったから、触れたくなっただけ。」 俺よりも低い彼女の頭に顔を埋める。 いつもの優しい彼女の匂いに、腕の中の体温に、背中に回った彼女の手の感触に、安心する。 もう何度も思ったけど、やっぱり俺は、彼女じゃないと無理だ。 この人以外、俺は愛せない。 「ね、明日、休みなんでしょ?」 「そうだけど…どうかしたの?」 「お姉さんも休みなら、沢山イチャイチャ出来るなって思っただけ。」 「…何言ってんの、もう。」 恥ずかしがる彼女の顔が良く見えるように、両手で頬を掴んで上を向かせる。 予想通り、その顔は真っ赤で、可愛い。 「ははっ、顔真っ赤。」 「…君のせいでしょ、もう。見ないでっ。」 「だーめ。」 コツンと額をくっつけると、彼女の顔の熱が俺にも伝わってきた。 「そういう顔見れるの、俺だけの特権でしょ?」 「…そういうのズルい。そんなこと言われたら、嫌って言えないじゃない。」 「ズルくても、好きでしょ?」 「そういうのも、ズルいよ。」 「言って?ちゃんと言葉で聞きたい。」 「…好きだよ。どんなにズルくても、好き。」 「ん…俺も、好き。好きで好きで仕方ない…」 軽く触れるだけのキスを一つ。 でも足りなくて、すぐにまた彼女の唇を奪う。 何度も何度も。 「ん…ふ…」 抑えられずに漏れた彼女の吐息。 それを聞いてから、ベッドに押し倒すまでに殆ど時間はかからずに、俺は彼女に深く深く溺れていった。
/10

最初のコメントを投稿しよう!