1話

1/11
828人が本棚に入れています
本棚に追加
/65ページ

1話

頑張って、頑張って全力を尽くして合格した大学の入学式から一週間。 『落ちる~~~~!』 声にならない声を上げた俺、(ひめ)()(りく)はとっさに掴んだ教室のカーテンとともに地上へとまっ逆さま。 経緯はこうである。『身も心も環境も、新しく出発しましょう』の学校長の一言で行われた全校大掃除! 俺は窓の外に身を乗り出し、短い手で必死に窓拭きをしていたのだが、ちょっと手を伸ばしたばっかりに俺の身体は教室の中ではなく、外に投げ出されるはめに。 掴んだカーテンも俺の重みで金具が外れ、一緒に二階から落下。 (俺、ここで死んじゃうかも?) 短い人生よ、さようなら…… スローモーションのように落下する中、俺は無意識にこの世とのお別れを告げた。 だが、地面が近づいた瞬間、妙な擬音が耳に届く。 ―――――パフッ 地面に叩きつけられる痛みを想像し、堅く目を閉じた俺に訪れたのは、ドンッではなくパフッだった。そして、顔に降ってくるカーテンの布の感触。 (あれ、痛くない?) 恐る恐る目を開けてみれば、真っ白な視界が広がる。もしやこれが噂に聞く真っ白なあの世という場所なのか? やっぱりあのまま~~と落ち込む俺に上から声がかかる。 「大丈夫か?」 人の声? しかもはっきりと聞こえる。もしかして……、いや、もしかしなくても、俺、生きてる? その事実を早く確かめたくて、俺は顔にかかる白いものを手早くどかし、顔だけ外に覗かせた。青い空と二階の窓から心配そうに見ている数人の生徒が瞳に映る。俺、生きてるじゃん! 「名前は……?」 感動に包まれる中、至近距離でさっきの声がした。俺は視線を声のするほうへと向けてようやく事態を把握。二階から落ちた俺は、透けるような金色の髪を肩から垂れるように結んだ、琥珀色の瞳が綺麗なイケメンお兄さんにお姫様だっこされて助けられていた。
/65ページ

最初のコメントを投稿しよう!