天国で待ってる。

移住したのは、天国に一番近い場所

花 千世子

13分 (7,591文字)
島への移住、古民家カフェ、なにもかも完璧だったはずなのに……。

2 9

あらすじ

古藤美夏は、25歳で仕事を辞め、離島に移住することを決意した。 きれいな島で夢だった古民家カフェをオープンさせる。 これから、この島で穏やかだけど幸せな生活ができるんだ。 そう思っていた美夏に降

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る