1/1
16人が本棚に入れています
本棚に追加
/3

 陽王はあらかじめ用意していたアメフラシの部屋でなく、要を自分の部屋に連れて帰った。驚く侍女たちに要の世話を任せ、祭司としての仕事を済ませた後戻った時には、妙に気分が高揚している自身に気付いた。 「陽王様、ワインはこちらにご用意しております」 「ああ。アメフラシは目が醒めたか?」  神の子であるアメフラシを気にする陽王の様子が普段の彼と違いすぎて、侍女は内心首を傾げながら答えた。 「いえ、アメフラシ様は眠られたままでございます」 「そうか、まさか男が来るとは思っていなかったが……」  陽王の言葉から嫌悪がなかったことに侍女は安堵した。  アメフラシは神子とは言われていてるが、ただ雨を降らせるという大義の下で強姦される憐れな囚われ人だと認識している人は城に多い。現に神子は三年持てばいい方だと言われている。それは、神子の心がこの国の今の大地のように干上がっていくからだと言われている。  祭司を愛する神子もいるが、二人の間にあるものがただの愛情でないことに心を病み閉ざすこともあり、それを身近でみることになる侍女は、現れたアメフラシを少しでも心穏やかに過ごしてもらおうと心を込めて遣えている。  儀式を酷い事だと思っていても、雨が降らなくては生きていけないからだ。  少しでもアメフラシが心地よくこの国を潤してくれることを願って、侍女は部屋をでた。    眠るアメフラシの顔を見て、陽王は首を傾げた。  やはり、女には見えない。もちろんやることをやったので、疑うつもりは毛頭もない。  今までアメフラシと呼ばれる神子に男はいなかった。祭司の集まりでもそこが議題に上がったが、神の考えを人である自分達が推し量ることは恐れ多い。男が選ばれたことが間違いだったとしても、陽王はこの生意気な口と蕩けるような身体を持つアメフラシで良かったと思っていた。抱き心地、上げる嬌声、生意気な口調、どれをとっても陽王を満足させる。  ワインを煽り、眠るアメフラシを抱き寄せると、まるで恋人のようにしがみついてくる。いや、母に甘える子供のように……かもしれない。柔らかい頬は、まだ男と言うにはあどけなく、きっと元の世界を恋しがって泣くだろうと陽王は思っていた。それが、この地を潤すとはいえ、気が進まない自分に違和感を覚えながら、高い体温を抱きしめて眠りについた。  要は一月が過ぎた頃、ここにいることが嫌ではないと気付いていた。  陽王は、何度も要を抱いた。要の涙の代わりに降る雨が、痛みや恐怖でなく快楽になるのに時間はかからなかった。  抱いている間、陽王は唯一のものとして要に愛情を注いでくれる。執拗な交わりに、身体は自分のものとは思えないくらいに敏感に変えられ、その時を心待ちにしているような時すらあることに唖然とはしても、嫌だとは思えなかった。陽王の優しい手や言葉に要の寂しかった心が満たされていった。  父親は家庭内で暴力をふるう男だった。母は、法の力を借りて離婚した。その母が要が小学校に入る頃、優しい男性と結婚した。二人の間には女の子が出来た。母は、無意識にだが成長するにしたがい父親に似てきた要を避けるようになっていった。  仕方がないことだとわかっていても、家が自分の居場所でないと知ることは辛いことだった。  早く大人になって家を出たいと願っていたから、今回の事は渡りに船だった。たとえ、それが我が身を売るような事になっていても。  きっと母は、ホッとしているだろうと思うと雨が降った。 「そなたは家に帰りたいと泣かないんだな」 「俺は男だから」  陽王に虚勢を張ってそう答えると、「そうか」とだけ言った。別に聞いて欲しいことじゃない。家に居場所がなくて寂しかったとか、ここでは役割があっていていいのだと安心できるのだとか、そんなことは。  異世界にやってきた歴代のアメフラシは、家に帰りたいとかお母さんに会いたいと泣くから頻繁に交わらなくても雨は降った。二ヶ月も降らなかった大地は水を欲しているから、要の身体が辛いとわかっていても、陽王は要を抱く必要があった。 「そなたの名は何という?」  二度目に抱いた時、陽王は思い出したように訊ねた。 「名前なんて意味ないんだろ? アメフラシでいい」  要は、父親がつけた名前だったから好きじゃなかった。いや、役目をあの日後ろから羽交い締めにした男から説明をされたばかりで卑屈な気分だったから、余計に名前などいらないと思っていた。  雨を降らせるためだけに召喚され、二年か三年すればお払い箱、元の世界に返されると知って卑屈にならないほうがどうかしている。 「ウミウシとかいったか……?」 「やめてくれ!」  よく覚えていると、驚いた。ウミウシは、俺の名前じゃなくて、アメフラシの別名だ……。あんな軟体生物になったつもりはない。 「アメフラシ……。なら、呼ばれた時に嫌な顔をするのをやめろ……」  アメフラシ……、誰だって嫌だろう。でも名前も嫌だと言ったら、陽王はムッとした顔で奥を突いた。 「ヒッ! あ、動くなら言えよ……」 「生意気な事ばかり言うからだ」 「あんたも……あっ、父さんと同じだ……ん」  母を殴っていた父は、要にも暴力を振るっていた。 「父親がこんな風にそなたの中に挿れるのか? お前の痴態は、どんな女よりも淫らだ……」 「変態! 父さんは、暴力を振るってた……。あんたのこれは、暴力とかわんない……やぁ! やめ……っ、揺さぶるな……」 「我が上で勝手に踊っているのは、そなただ。揺れる身体を止めてから、言え!」  寝てる陽王に突き上げられて、要はガクガクと身体を震わせた。 「名前、好きじゃない……」  これ以上責められたら壊れるんじゃないかと思った要は、くずおれて陽王の身体に抱きつき本音を吐いた。  抱き留めた陽王は言葉に何かを感じ、要が自分を拒否するために嫌だと言ったわけじゃないと気付いた。胸元で、苦しげに息を吐き出す要の髪を撫でながら考えた。 「碧(あお)……、そなたの瞳の色だ。これからそなたは、碧と名乗るがいい」  この世界にきて変わったのは、瞳の色だった。まるで外国人のような色に要は戸惑っていたけれど、父親と違うとホッとしたのは昨日のことだ。 「あんたも碧じゃないか」  金髪碧眼で偉丈夫とは、こういう男をいうのだろう。 「ああ、だが我の一番好きな色だ。我は、この地位に就いている間は、本来の名は明かせぬ」 「陽王っていうのは、名前じゃないのか?」 「役職に近いな――。名と言えば、名だが……」 「ふうん。じゃあ、碧でいい。……ありがとう」  ふふっと笑った要、いや碧は、陽王を驚かせた。こんな些細なことで感謝されるとは思ってもみなかったからだが、自分のつけた名を喜ぶ姿をみて、陽王は再び兆した。 「あっ、もうっ、お前って絶倫ってやつだろ。お前がそんなだから、女の子じゃ可哀想だと神様が思ったんじゃないの?」  またもや可愛くないことを言う碧を下に組み敷き、陽王は、悪くないと口の端に笑みを浮かべた。碧は、自分が失言したことに気付く。 「ああっ! やだ……くるしぃ――。もう、いらな……」  やがて訪れる別れを知りながら、碧は次第に陽王に惹かれていった。
/3

最初のコメントを投稿しよう!