魔闘士さまは非番の時にいつもイチャついている9~マイ・ハニー~

1/35
40人が本棚に入れています
本棚に追加
/35
 その日は要件さえ済ませれば、すぐに帰るつもりでいたのだ。  このところ、また体調を崩しているヴァフィラ。  彼の滋養のために今年採れたばかりの蜂蜜を渡して、家事がとどこおっていればそれを片づけてから、おとなしくおいとまするつもりだった。  だがヴァフィラに蜂蜜を渡すと、予想以上に彼は喜んだ。  ゆっくりしていってくれと、お茶の用意を始めるものだから慌てて止め、長椅子に座らせてからルドーニはハーブティーを入れた。 「体調不良なんだから、カモミールティーだぞ」 「ふふふ。蜂蜜をたっぷり入れてくれないか」  体はきつそうだが、やけに上機嫌でにこにこしている。  そんなヴァフィラを不思議に思いながら、まぁついでなので夕食までこしらえていくか、とルドーニは予定を軌道修正していた。
/35

最初のコメントを投稿しよう!