九十九ふくふく堂  おいしい日本茶は癒しの味

付喪神の営む日本茶カフェは、心に「くすぶり」を抱えた人間の味方です

服部匠

36分 (21,125文字)
タヌキ顔の優男店主(穏やかで優しい)が可愛いので読んでください

14 37

あらすじ

会社の後輩と上手く行かないストレスを抱えたサラリーマン・森本が夜中に訪れたのは、狸のような優男の店員・福富が営む、日本茶カフェ「九十九ふくふく堂」。 おいしいお茶とおにぎりに癒やされるが、気がついたら

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品