01 前世の記憶

1/1
355人が本棚に入れています
本棚に追加
/46

01 前世の記憶

絶対(ぜぇぇったい)に嫌だ!」  あたしは必死で断固拒否の姿勢を示した。  この国の王子である、アーツブルク王国の第二王子、アウレイナス殿下との婚約、そんなもの受け入れられてなるものかと。  理由は簡単だ。受ければあたしは“死ぬ”運命にあるからだ。  いろいろあって、あたしは婚約というものに懲りてしまった。もっと言うと男性というものに対して不信感を抱くようになってしまったのである。  失礼した、最初から話そう。あたしの名はクリスティーナ=ハウルメルク。愛称はクリスで通っている。  ハウルメルク公爵家の長女。いわゆる令嬢ってやつだ。  あたしには前世の記憶がある。それも1つや2つじゃあない。  今世を合わせて実に89回分の記憶がある。    しかも、前世である88回は全て、似たような最期を遂げている。  婚約者を近しい人間に掠め取られた上で、婚約破棄され、あたしは悪役扱いで投獄され、自殺……。  身分に多少の差はあるが、必ず貴族の娘に生まれて、このような末路である。ご丁寧なことだが、もう嫌だ。いい加減にして欲しいと思っている。  あたしだって、馬鹿じゃあない。そりゃあ、88回の人生でこんなエンドを迎えないように必死で努力した。    幸せになれないのは、あたしの努力不足だからだと、本気で信じていたからだ。  体型を維持するのは当然のこと、美容や勉学、運動、馬術、剣術、その果てには魔法なんてものまで、努力して、必死で良い女になって婚約者を取られないように頑張ってきた。  全部、無駄だったけど……。自分で言うのもアレなんだけど、どんなに綺麗になって、いわゆるハイスペックになっても、必ず、よくわからない、やれ、聖女だとか、女神の化身だとか、そういうのが、現れる。  そして、その努力をあざ笑うかのように、奪われる運命にあるんだ。    だから、89回目に生を受けたあたしは、ようやく目が覚めた。  “最初から婚約なんてしなきゃいい”ってことに、ようやく気づいたんだ。    そして、男とは“裏切る生き物”だってことにも、悲しいけど気付いてしまった。  だから、今世ではあたしは一切、結婚する気持ちはない。  それどころか、敢えて嫁の貰い手が無くなる様に努力している。    言葉遣いを男口調にして乱暴に、そして、無駄に綺麗な金髪もざっくり切り落として常にショートカットにしている。  挙げ句、親のコネを盛大に使って騎士団にも入れてもらった(騎士団の給料はお父様が管理するという条件を出されたけど)。  幸い、前世のスペックを引き継いでるあたしはめちゃめちゃ強い。  今まで、あまり意識はしていなかったが、88回分の人生経験値は半端ないのだ。  騎士団長だって、あたしの剣術には敵わない。  だから、今世はこんなゴリラみたいな(ゴリラは見たことないけど)女に惚れる男なんて居ないから、のんびり人生を満喫できると思ったんだけど……。    どういうわけか……、ここ最近、婚約の申し込みが毎週のように来てしまった。  それはもう、89回の人生で初めてのモテ期到来って感じで……。今更すぎて泣けてくる。 「クリス、そんなことは言わずに一度くらい、会ってくれないか? お前、先週にワシがグルーモア伯爵家の長男との縁談を断るのにどれだけ言葉を選んだかわかるか? その前の週もだなぁ……」  お父様である、ハウルメルク公爵は泣きそうな顔をしてあたしに懇願している。あたしが縁談を絶対に受けないという態度を示す度に、周囲とギスギスした関係になるからだ。 「とっとにかくだ。王族との関係悪化だけは、それこそ絶対(ぜぇぇぇったい)にダメだ! 顔合わせだけは必ずしなさい。さもなくば、お小遣いをナシにするぞ。そもそも、お前の意見を無視して縁談を纏めてやっても良いんだぞ! わがまま言ったら、パパ、怒っちゃうんだからな」  そんなぁ、なんだかんだ言って、あたしにすっごく甘いお父様が遂に小遣いゼロ宣言。  それだけは、死ぬよりも辛い。週イチのアップルパイが楽しめないなんて……。  くっ、仕方ない。絶対に、婚約はしないが会うだけ会ってやる。  そう心に誓ってあたしは拳に力を込めるのであった。
/46

最初のコメントを投稿しよう!