02 趣味

1/1
353人が本棚に入れています
本棚に追加
/46

02 趣味

 お父様の小言がひと通り終わって、アウレイナス殿下と会う日取りも一週間後に決まった。  そもそも、王子との接触なんて極力避けていたんだけど、どうして求婚されているのか本気で謎である。  今世ではパーティーなどにも顔見せ程度しか出てないし……。  まぁ、分からないことを考えても仕方がない。ここから、趣味の時間に走るとしよう。  あたしは自分の部屋に隠している衣装に着替える。  その衣装はお父様の要らなくなった衣服を侍女のセリナに繕わせて、あたしのサイズにしてもらったものである。  趣味というのは男装して、こっそり家を抜け出して町を歩くこと。  あたしの男装は中々手が込んでいて、魔法で金髪を銀髪に、目の色を青から琥珀色に変化させて、化粧で顔つきを男っぽくしている。  これで、誰が見てもあたしだって気付かれない。その上、男に言い寄られるようなことはない。   「さてと、誰にも見つからないように注意して……」  あたしは屋敷の2階からジャンプして木に飛び移り、部屋を抜け出した。  さあて、自由な時間を満喫するぞー。 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  アーツブルクの城下町はいつも賑わっている。この国は商人たちが活発に動いているおかげで、アイテムなどの流通が良く、冒険者たちがよく立ち寄るからだ。  前世の記憶でもこれ程の人の数が町を闊歩している様子などほとんど見たことがない。  アーツブルク王国は豊かな国である。  さて、特に何を買いに来たわけではないのだが、面白そうな物がないか見て回ろう。  へぇー、綺麗な石だなぁ。魔導結晶って言うんだー。  値段はどれどれ、うわっ15000レグルもするのか。アップルパイ1000個買えるじゃん。 「オジサマ、こちらのピカピカの石をくださいな」  そんなことを思っていると、隣から声がした。ひぇっ、これ買うんだぁ。お金持ちじゃないか。  あたしは興味本位で声の方向を見た。  長い黒髪の美少女が微笑みながら指をさしていた。  何、この娘、天使みたい……。  前世を合わせてもこれ程、美しい女の子は初めてみた。  透き通るような白い肌、ルビーのように輝く瞳、神々しさすら感じる立ち姿は芸術のようだった。  店主も思わず見惚れていたのだろう。返事をするまでかなりの間が空いた。 「そりゃあ金さえ払えば構わねぇけどよぉ。嬢ちゃん、金はあるのかい?」 「もちろんですわ、使用人に持たせておりますの。ジョー、早く来なさい。会計を済ませなさい」  黒髪の美少女はくるりと後ろを振り向きました。 「はっ、只今、お嬢様!」  後ろに控えていた、執事風の黒髪の男性が駆け足でこちらに向かってきている。  身だしなみもキチンとしているし、やはり貴族だったか。どこの家の子でしょうか? 「オラオラ、貴族様がでけぇ面で歩いてんじゃねぇよ! ここは、タイガーファミリーのシマだって、知ってんのかぁ? ああん?」  大柄な赤髪の髭顔の男が、後ろにチンピラみたいな子分を5人ほど引き連れてやって来た。 「がっ、何をする!」  ジョーと呼ばれた執事風の男は胸ぐらを掴まれ、金貨のはいっているであろう袋を取られてしまった。 「ひゃーはっはっは! たんまり入ってるぜ! ご苦労なこった。おっ、しかもこの女、やべぇくらいの上玉だなぁ。こいつも持って帰って、奴隷市場に売りに行きゃあ、いい金になりそうだぜ! おいっ、野郎共、こいつを連れて帰るぞ!」 赤髪の男は黒髪の美少女の腕を掴み、引っ張りました。  白昼堂々、誘拐なんて……。  それに、周りの男たちも彼らを怖がって止めないとは、情けない……。 「――待てよ、髭もじゃっ!」  あたしは見かねて髭面の肩を掴みました。この男はクズだ。許せない! 「なんだぁ? 銀髪の(あん)ちゃん、オレ様に何か――、ぐはっ」  問答無用。髭面が振り向いた瞬間、あたしの拳は顔面を捉えて吹き飛ばしていた。  
/46

最初のコメントを投稿しよう!