03 撃退

1/1
349人が本棚に入れています
本棚に追加
/46

03 撃退

「ぼっボスっ、大丈夫ですかっ!」  髭面の子分が駆け寄る。あたしの拳は鼻をちょうど潰す感じに当たったから、髭面は鼻血を大量に噴出させている。 「君、あた、いや、オレの後ろに隠れてな」 「えっ、あっはい」  黒髪の美少女をあたしの後ろに隠すように動かす。 「あのガキがぁぁぁっ! ズタズタにしてやるっ! オレ様はこの町で最強なんだぞっ!」 「やってみろ! 今度はその汚い顔の中に、貴様の低い鼻を埋め込んでやる!」  あたしは拳を握って身構えて、トントンと、軽くステップを踏んだ。 「おいっ、野郎どもっ! 囲めっ、奴は女を庇っているからな。一斉に飛びかかって捕まえてやるっ!」  髭面の指示により、あたしは周りを子分たちに囲まれた。  確かにこうされると面倒だな。卑怯な頭の使い方は出来るらしい。 「よし。せーのでかかるぞ!」 「「せーのっ」」  髭面たちがこちらに宣言どおり飛びかかって来た。  こうなったら、魔法を使うか? これ以上騒ぎにしたくないが……。  そんなことを思っていたら、目の前で子分が3人くらい明後日の方向に吹き飛ばされた。 「銀髪くん、助太刀するぜっ」  青髪の半裸の剣士が子分たちに容赦のない蹴りを食らわせていたからだ。 「いやぁ、喧嘩騒ぎに惹かれて来てみりゃあ、あのタイガーファミリーの親分が殴り飛ばされていたからなぁ。あんた、強いねぇ! 最高だぜっ」  半裸の青髪男がニコニコしながら、あたしの背中をバシバシ叩いた。  くっ、男が気安く触ってくるな。心底、あたしは嫌そうな顔している。 「にゃははっ、こっからは俺も混ざるぜ。銀髪くんも気張れよっ!」 「うるさいな。誰も助っ人なんて頼んでないだろう」  あたしは恩着せがましく仕切ってくるこの男にイライラしながら、再び構え直した。 「けっ、まだこっちが人数が多いんだ。今度こそ、ぶっ殺す!」  タイガーファミリーとやらが、総攻撃を仕掛ける。  しかし……。彼らに善戦なんて時間はやって来なかった。 「げはっ」 「ぶえっ」 「のほっ」 「けらっひゃっ」  子分たちは一瞬で倒され気絶する。 「テメェだけは許せねぇ!」  激高した髭面は血走った目をギラつかせながら、掴みかかろうとした。  バカな男だ。急所ががら空きだって。  あたしは正確に髭面の睾丸目掛けて足を蹴り上げた。 「はぅっ……」  髭面は顔を歪めて、内股になり、口から泡を吹きながら地面に伏した。 「オメー、容赦ねぇな。男だったら、割とそこを攻撃するのって躊躇わねぇか?」 「えっ、あっ、そうなの? でも、コイツは女の子を奴隷市場に売り飛ばそうとするようなクズだし……」  あたしはドキっとして、言い訳をした。そっか、よくわからないけど、男ってそういうところがあるんだ。 「あ、あのう、ありがとうございます。わたくしのことを助けて下さって。わたくしの名前はメリルリア=バーミリオン。貴方のお名前を教えてくださいまし」  黒髪の美少女はメリルリアと名乗った。  バーミリオン家って、あのう、王族でも一目置いている、金持ち貴族のバーミリオン伯爵のところか。  そりゃあ、15000レグルなんて、はした金だよな。  やれやれ、大変な家の令嬢と関わってしまったな  あたしは背中の汗が冷えているのを感じていた。 「あのう、お名前を……」  メリルリアは上目づかいであたしを見た。あー、こりゃあ、男は即落ちだ。  あたしにはわかる。こういう、女の子に婚約者を取られる被害には世界一遭っていると言っても過言ではないから。 「あた、いや、オレの名前かい? オレはルシア。ルシア=ノーティスって名前の冒険者だ……」  あたしはとっさに前世で一度だけ会ったことのある、銀髪の冒険者を思い出して、その名前を言った。 「ルシア様、ルシア様ですね。素敵でカッコいいお名前ですわ。是非とも、わたくしの屋敷にお招きして、お礼を――」  メリルリアは祈るような目付きで、顔を赤らめながらあたしに懇願した。 「いや、お礼が目当てで助けた訳じゃないんでね。悪いがオレはこれで失礼するよ」  冗談じゃない。貴族の家に関わって、万が一、あたしの男装がバレたらスッゴク面倒なんだぞ。行けるわけあるか。 「はぁ? オメー、ノリが悪いねぇ。俺ぁ、ケビン。冒険者だ。メリルちゃん、俺ならフリーだぜ」  ケビンと名乗った青髪は、自分を指さしてメリルリアを口説こうとした。  これだから男は……。 「貴方は誘ってませんの。ルシア様にお話中ですわ」  メリルリアは可愛らしくプイとそっぽを向いた。はぁ、逃げるが勝ちだな。憲兵隊もそろそろ来るだろうし。 「本当に、ごめんな。オレ、急いでるからさ。そろそろ、行くわ――」  あたしは焦っている演技をして、全力でこの場を離れた。    そして、アップルパイを買い忘れたことに気付いたのは、自分の部屋に入り込んだ後のことだった。  あーあ、今日はツイてないなぁ。
/46

最初のコメントを投稿しよう!