家族のかたち

父独り子独り。そんな家族の肖像

8 178

3分 (1,264文字)
超・妄想コンテスト 「あの子がいなくなった」投稿作品

あらすじ

あらすじはありません

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

家族とは

愛する妻との死別の辛さ。 無我夢中で走り抜けた子育て。 愛しい人の面影を見る喜びと巣立つ背中を見送る淋しさ。 そして、命を繋いでいく尊さと幸せ… 沢山の人生のワンシーンが込められている素敵な作品で

家族は、いつもいつでも形は違っても家族「なのだ」

「父独り子独り。そんな家族の肖像」 とありました。 人は誰かから生まれその家族の一員になる。そして成長するとその家族から形としては離れる。 娘がまだ幼稚園の時に妻が亡くなる。なんだかとても悲しい、

その他情報

公開日 2019/8/31

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る