起きたら娘が居なくなってました

そうなんです。起きたら娘が居なくなっていて……

神谷信ニ【つみなふの丘 公開中】

ホラー 完結
5分 (2,473文字)
初めて二人称の小説を書きました。

35 201

あらすじ

妄想コンテスト【あの子がいなくなった】参加作品。

タグ

感想・レビュー 3

二人称

恥ずかしながら、二人称というものがよく分からなくて、勉強も兼ねて読ませて頂きました。 この書き方が二人称というんですね(恥) さすがの神谷さん。 とても分かりやすく、読みやすい。 状況もよく分かります

伏線が効いてくる

物語は、失踪した娘の状況を語る母の口上から始まる。様子からして、警察から事情聴取を受けているようだ。落ち着きなく饒舌になる母。流れるような語りの中に、最初は小さな小石程度のつまずきを感じる。ああ、この

なにが怖いかって

怖い。 なにが怖いかって。 ひと昔前ならば、現実味のないホラーとして、自分たちの世界とは別のこととして捉えることからくる恐怖の話だったのでしょう。 しかし、最近の酷い事件のニュースを聞いていると、
2件

この作者の作品

もっと見る