神様の勾玉

心優しくて少しだけ泣き虫な神様と過ごした七日間。

56 508

23分 (13,585文字)
いつも、ありがとうございま‪す❁.*・゚

あらすじ

ある日、優輝が神社で拾った不思議な勾玉から現れたのは、泣き虫な神様だった。 その神様曰く「自分は出来損ないだから」というものの、共に過ごす時間の中で、優輝はその神様の優しさや隠された願いを知っていく

シリーズタグ

目次 2エピソード

感想・レビュー 2

この作品に出逢えたことが、わたしにとっての幸運でした。

言葉にしないと伝わらない。 ほのぼのとした物語を読みながら、そんな思いを抱きました。 いかにも月詠らしい、かわいいラストシーン。 そして余韻。 ありがとうございます。

優しいお話、ありがとうございました♪

ほっと心があたたまるお話でした。 きっと昔はもっと神様って身近な存在だったのではないかと思います。 その頃の、日本人らしい感覚を思い出せるような気がしました。

その他情報

公開日 2019/9/6

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る