猫好きネットワーク再始動!

28/29
44人が本棚に入れています
本棚に追加
/78
「後で確認すると、この中には魔法使いじゃない人の家も少なからずあったわ」 「ということは、魔法使いじゃなくても、猫を受け入れている人がいるっていうこと?」 「そう考えられるわね」 「そうだったんだ……」  シルヴェスは感極まって、目頭が熱くなるのを感じた。微笑むエリスの顔が女神のように見える。 「それから、特に気になるのはこの人ね。夜の十時頃に猫ちゃんがたくさん入っていくこのお屋敷に住んでいるのは、街に何か所も土地を持っている貴族のおばあさんよ。魔法使いではないけれど、もし猫好きなら……」 「協力してもらえるかもしれない……?」  エリスとシルヴェスは顔を見合わせた。 「エリス! ありがとう!」
/78

最初のコメントを投稿しよう!