epilogue

2/2
92人が本棚に入れています
本棚に追加
/144ページ
「はい……本当にすいません。はい……はい……すいません……」 結局、俺と咲間さんが聡太郎さん達に合流する事はなかった。 咲間さんに見惚れている内に、いつのまにか花火大会は終わっていて、ぞろぞろと流れて来る人波に逆らう事も出来ず…… 震える手で携帯画面を確認してから、覚悟を決めて聡太郎さんに電話をした。 案の定しっかりとお説教をくらい、見えていないとわかっていても頭を下げずにはいられなかった。 「もうわかった。もういい。」と半ば呆れられるくらいに謝ってから、咲間さんに携帯を手渡す。咲間さんは笑いながら、ごめんね。と軽く謝ってすぐに電話を切った。 「あの……大丈夫ですかね? まだ怒ってるかもしれませんし、今からでも行った方が……」 「大丈夫だよ。」 「本当ですか? 許してくれてました?」 「それはわからない。あれこれうるさいから、途中で切っちゃった。」 マジか。嘘だろ……と思いながらも、余りのことに声にはならなかった。 「ふっ……凄い顔してるよ。大丈夫だって。また後で謝っておくから。」 「……はい。」 「じゃぁ、帰ろっか。」 「はい。」 歩き出す咲間さんの後を追って肩を並べる。 勢い余ってぶつかった手を、咲間さんが掴む。 「え……?」 「ん?」 「いえ、何でもないです。」 掴まれた手を、俺はしっかりと握り返した。 いつか、こうして手を繋ぐ事が当たり前になるのだろうか。 些細な事に胸が痛む事もなくなるのだろうか。 そう思うとそれはそれで少し寂しいような、嬉しいような、不思議な気持ちになった。 だけど、きっと変わらない事もある。  「ねぇひなくん、帰ったら触ってもいい?」 「あぁ、はい。歯ですね。」 「……歯〝も〟何だけど。」 「も ………? ……えっ?! ぇえっ!!?」 「ダメかな?」 柔らかな優しい声と、 今にも蕩けてしまいそうな甘い笑顔。 「……ダメ……じゃ、ないです……」 俺はこれからも、この先もずっと この笑顔には抗えない。 誰よりも愛おしい、あなたの笑顔に どうしたって、抗えないのだ。 fin
/144ページ

最初のコメントを投稿しよう!