惜春は、日本橋の着物問屋で。

美形将校に惚れた美少年。奉公先の着物問屋の江戸っ子若旦那さま(と美少年の二人で切り盛り中)の良客らしいが

9 10

男色趣味に近いです。現代とは違う価値観を書ければ、と思っています。戦時中ではないので、ご安心ください。

概要・あらすじ

作者: おだ藍子
BL 連載中
18分 (10,301文字)
○お知らせ○ スター特典「雪野三之丞が鼻血を出した想像の続き※注意」を追加しました。 ○あらすじ○ 平和が続く大正十一年の春の満月、三男の俺(実家は桐たんす職人)は日本橋の着物問屋へ奉公に出た。でも

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

その他情報

公開日 2019/9/4

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る