素敵な中二病

13/13
/13
彼女と別れ自転車で少し走っていると、大きな交差点に差し掛かった。進行方向の信号は赤。ブレーキを掛けて止まる。 ふと気づいたことがある。公園からここまでいくつも横断歩道を渡ったが、信号に引っ掛かったのは初めてだと言うこと。思わず来た道を振り返る。当然のことながら彼女の姿はない。残照が遠く町の根元を染め、その上には闇が広がるばかりだった。
/13

最初のコメントを投稿しよう!