月下の妖

月明かりの下で出会ったのは、金色の毛並みを持つ狐だった。

空星 アルタ

8分 (4,388文字)
スター特典を付けてみました

13 64

あらすじ

百年に一度、蒼い月が昇る日がある。 蒼い月の昇る夜は誰も外から出てこない。 鬼斗は好奇心に負け、何度も念押しされたにも関わらず外へ出てしまう。 屋敷のある敷地の外へ行き、湖まで歩いた。 月下の湖で出会

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

スター特典 あなたが送ったスター数 ★0

この作者の作品

もっと見る