満月

10/10
85人が本棚に入れています
本棚に追加
/18ページ
「どうして」 「分かります」  笑いもせず、迷いもなく見つめられて、あたしは何も言えなくなって、目の前のパンケーキにフォークを入れた。  口に入れると、ふわふわして甘くて幸せな味がした。 「どうっすか」 「……あんたみたいな味がする」  彼はきょとんとして、それから吹き出して笑った。 「俺、どんな味すか。ちょっとくださいよ」 「自分の食べなさいよ。同じ生地なんだから」 「それが食べたいんすけど」  顎の下に手を組んでもの欲しげに見つめる彼に、あたしは自分のを少しだけ切り分けた。 「……サンキュです」 「ん」  いくら食べても、あたしたちの中で月が欠けることはもう、無い。   『パンケーキの上る空』了
/18ページ

最初のコメントを投稿しよう!