番外編

1/2
151人が本棚に入れています
本棚に追加
/10

番外編

 錆も、剥げ落ちたところも、塗りムラも無い綺麗な扉の前で尻込みしていた。  今まで何度か訪れくぐったことのあるこの扉も、今日はなんだか重々しい雰囲気が取り巻いていて近づき難い。 「何やってんだ?」 「あ…」  ひとりでモヤモヤと考え事をしていたら、いつの間にか扉は開かれひとりの男性が顔を覗かせていた。 「寒かったろ、早く中に入って」 「あ、す、すんません。お邪魔します」  カチコチに躰を固くした俺を振り返り、笑う。 「今日からは〝ただいま〟って言うんだよ」  誰も訪れることのない、物寂しいアパートとサヨナラしたのは数日前のこと。それから少しだけ、久しぶりに実家に戻った。  相変わらず両親との会話はなく、色々あった結果、結局追い出される形で実家を後にしたのがさっきのことだ。 「ご両親には話せた?」  返事の代わりに視線を落とした俺を見て、その人…栗原さんは、短く笑って俺の頭を優しく撫でた。 「話せただけでも進歩だ」 「…ですかね」 「ああ」  撫でる栗原さんの手に、自身の手を重ねる。 「俺、栗原さんが居てくれたらそれで良い」  栗原さんは何も言わず、重ねた俺の手を握り返した。  俺は今日から、住み慣れたあの街を離れ、この優しい人と一緒に暮らす。  俺はセンチネルで、彼はガイド。  最初の出会いは最悪で、互いに分厚い壁を作って接していた。だけどいつの間にか彼からその壁が消えていて、そして俺の壁までブチ壊しに来た。  抵抗はした。したけど…結局俺も一人は寂しくて、その寂しさに気付いた栗原さんに俺は、心も躰も救われ…今に至る。  彼も過去に酷い傷を負っていた。その話を俺にしてくれた時、不思議と彼を助けたいと、救いたいと思った。救われているのは俺の方なのに、何故かそう思ったのだ。  一緒にいるだけで心が温まる気がした。触れられれば恥ずかしくて、でも嬉しくて。躰は自然と熱くなって、持て余した熱を彼にぶつければ、それは難なく受け止められた。  何度もキスをして、何度も触れ合ってきたけど…俺たちはまだ、最後の一線を越えられずにいる。  それは全て、俺が悪いんだけど…。 「荷物は殆どもう片付いてるから、あとは好きに配置替えして」  与えられた部屋は、俺がひとりで借りていたアパートよりも広かった。必要な家具は全て部屋に収まっている。だけどその中に、ベッドだけがない。 「く、栗原さん…あの、」 「ここは自由に使っていいから」 「いや、えーっと」 「寝室はこっち」  歩き始めた栗原さんについていくと、だだっ広い、ベッドしかない、だけどそのベッドがとてつもなく大きい寝室へと辿りついた。 「ここが俺たちの寝室」 「へっ!」 「おいで」  寝室に入り、ベッドに腰掛けた栗原さんが俺を呼ぶ。体は瞬時にさっきの固さを取り戻し、緊張で汗をかいた。 「ほら」  痺れを切らし迎えに来た栗原さんに手を引かれ、俺も寝室へと足を踏み入れる。そうして腰を下ろしたベッドの柔らかさに感動していると、油断した躰がグワンと倒れた。  俺は、ベッドに押し倒されていた。 「久しぶりに触れられる」 「あっ」  目尻を甘く下げた栗原さんに、あっと言う間に口付けられた。それは直ぐに深いものに変わって、緊張していた俺の躰も気付けばトロトロに蕩け始めていた。 「んっ、は…んっ」  何度も角度を変えて舌を絡め、流れ込む彼の唾液を嚥下する。それは細胞の隅々まで染み渡っていって、侵され始めていたソレが綺麗に浄化されていった。 「あっ、あっ!」  シャツの裾から、体温の低い栗原さんの手が腰から脇まで滑り上がった。その刺激に肌がビクリと反応すれば、彼はそれに気を良くして更に手をいやらしく動かした。 「ひあっ! あっ、栗原さっ、んぅっ!」  完全に捲れ上がったシャツから曝け出された胸の突起を口に含むと、唇で挟み吸っては舌で押しつぶす。 「あぁあっ、やっ、ぁあっ!」  あまりの刺激に腰が浮く。とっくに俺のソレは怒張していて、それに気づいた栗原さんがズボンと下着の間を縫って、手を差し込んだ。 「嫌だ! 嫌だぁッ!!」  途端躰が勝手に暴れ、彼の手を拒絶した。ハッと気づいた時には栗原さんはもう、俺の躰に少しも触れてはいなかった。 「あっ、あの…」 「急かすつもりじゃなかったんだけど…久しぶりに会えたから、ちょっと興奮してたみたいだ。悪かったな、怖かっただろ?」 「ちが…、栗原さん俺はっ、」 「大丈夫、分かってるよ」  困ったような笑みを向ける。躰の位置を少し戻して、俺のこめかみにそっと…キスを落とした。その優しい触れ方が、俺の胸を余計に締め付けた。 「引越しと同棲祝いに、夕食は俺が何か作るから買い物に行こうか」 「え、栗原さんが作ってくれるんすか?」 「外食がいい?」 「いや…」 「俺は、今夜はふたりきりが良いんだけど」  カッと赤らめた俺の頬を、栗原さんがそっと撫でた。 「良かった、俺だけじゃなくて」 「いつから心、読めるようになったんすか」 「残念ながら、相変わらず俺に第六感はないよ。でも君のことなら、表情だけで良くわかる」 「悪かったな! 分かりやすくて!」 「ははっ」  笑って立ち上がると、そのまま俺に背を向けた。 「上着取ってくるから、ちょっと待ってて」  寝室を出て行く彼の後ろ姿を黙って見送ってから、静かに溜め息を吐いた。  決して俺は、栗原さんを拒みたかったワケじゃない。そうじゃないのに、どうしても躰が触れ合いを受け入れない。そう…あの人に襲われた、あの日から。  俺がバイトしていたコンビニの店長。  男らしくて逞しくて、俺に無いものを沢山持っている人だった。  誰も必要としてくれていない孤独な世界の中で、唯一俺を必要としてくれる人だと信じていた。好かれていると、思っていた。だけど違っていた。  センチネルとしての能力が上がったその時、俺はあの人の心の中を聞いてしまった。 (何がセンチネルだよ気持ち悪ぃ) (ただのポンコツじゃねぇか、使えねぇ) (ふざけんな、役立たずのフリーター野郎)  言葉にされない暴言に、俺の心は一瞬でバリバリにひび割れて、襲われ、粉々に砕け散った。  あの日確かに栗原さんに救い出されたはずなのに、俺の躰は下半身に受ける刺激を拒絶する。下着の中に入ってくる手の感触を…忘れる事ができないのだ。  思い出したくなんてないのに、記憶は一瞬でフラッシュバックして、気付けば目の前の栗原さんを押しのけている。そんなことが何度も続いて、あれから二ヶ月経つ今でも俺たちは先に進めずにいる。 「このままじゃ…捨てられるかも」  俺も男だから、少なからず分かるつもりでいる。寸止め状態が、どれほどキツいかを。  実際自分の躰の欲だって最近持て余し始めている。本当は、もっとずっと深くまで繋がりたいし、その奥で彼の性を受け止め、内側から俺を浄化して欲しい。  そんな想いが中々伝わらないのがもどかしくて、辛かった。
/10

最初のコメントを投稿しよう!