祭りの夜に

1/1
31人が本棚に入れています
本棚に追加
/2ページ

祭りの夜に

今日はお祭り。 ダメもとでナンパした浴衣美人の手を引いて、お月さまから逃れるように人気のない場所へと彼女を連れ込む。 月明かりの下、浴衣の裾をはだけさせ露になった肌を見せつけながら、彼女が妖艶な笑みを浮かべて言った。 「ごめんなさい。私、男の子なの」 流れるように地面へと押し倒された俺は、そのまま、新たなる扉を開いた。
/2ページ

最初のコメントを投稿しよう!