T-10 夏のおわりのセレナーデ(小夜曲)

冷酷でもなく、情熱家でもない、ごくふつうの男の「夏」話です。

12 212

概要・あらすじ

作者: 陽気な遊牧ひつじ
2分 (686文字)
かつての恋を心の奥に秘めながら 同時に、新しい恋を愛(いと)おしむ。 「亡くなった彼女」のことを忘れてしまうほど冷たい男ではないが、 かといって、殉死するほどの情熱家でもない。 「ふたつの恋」の中

タグ

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/8

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る