いつか、星の数よりもっと

いつか、きっと言える。星の数よりもっとたくさんの「好き」を

67 908

恋愛 完結
3時間3分 (109,584文字)

あらすじ

緋咲より五歳年下の幼馴染である貴時は、将棋と出会い、プロ棋士養成機関“奨励会”に入会した。そして高校二年生で三段に昇段。プロである四段まであとひとつに迫る。 大学進学で地元を離れていた緋咲は、二年ぶり

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/10/18

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る