7 174

1分 (112文字)

あらすじ

詩です。 写真はこちらからお借りしました→https://pixabay.com/

目次 1エピソード

感想・レビュー 2

夜の温かい月光

短いけれど美しい月の光が 全ての景色に浮かんで見えます。 大切な人と見上げる月は それだけで心を満たしてゆきます。 いつか運命のいたずらで、手の届かぬ場所に離れてしまっても 同じ月を見上げて互いを想

暖かく……

暖かくて、切ない気持ちになりました。 読む人によって、感じ方が変わる詩だと思いました。

その他情報

公開日 2019/9/9

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る