月下の出逢い

1/1
20人が本棚に入れています
本棚に追加
/13ページ

月下の出逢い

 アリーアは旅立った。家族、友人に見送られ、故郷を後にした。  途中の町で、信仰心に厚い戦士オズマと、アポピスに立ち向かう意思を持った戦士ルイスと出会う。アーリアの使命に感銘を受けた二人は、同行を申し出る。迷ったアリーアだが、道中の困難を考えて、二人を連れ立って旅に出ることにした。  ある夜。アリーアのための天幕を張り、交代で見張りをしていたオズマとルイス。二人は異変に気づく。近くの林の中に、何か気配する。とても大きな気配。  二人の会話を聞いて、アリーアも天幕から出てきた。林の中の気配。それを確認するために、アリーアは林の中へ足を踏み入れる。オズマとルイスが慌てて後を追う。  アリーアが草木をかき分ける。立ち並ぶ林の奥。林に囲まれるようにあった空間。そこに、とても大きな体躯の、牡狼がいた。毛並みは月光に照らされて、きらきらと輝く銀色。アリーアたちを見つめる瞳は、ルビーレッドの色をしていた。体胴長は170センチはゆうに超えようかという、筋肉質な屈強な身体だった。  狼は傷を負っていた。身体から血を流している。それでも、アリーアたちを見つめると、唸りをあげて、よろよろと立ち上がった。  オズマとルイスも、後にどんな禍があるかわからない。手負いの内に殺そうと言った。しかし、アリーアはそれを厳しく禁じた。  ゆっくりと狼に近寄ったアリーア。狼の顔に触れると、癒しの言葉を唱える。すると、法力によって狼の傷がたちまちの内に治った。  狼は唸りを上げて、態勢を低くする。狩りの態勢だ。それ見たことかと、オズマとルイスが剣を構える。  数秒間、睨み合う。しかし、狼はアリーアたちを襲うことなく、林の中へと消えていった。
/13ページ

最初のコメントを投稿しよう!