1/1
11人が本棚に入れています
本棚に追加
/12

『xx県の住宅にて50代の男性の遺体を発見。死因は刺殺によるものと見られます。なお男性の娘であるSさんが現在行方不明となっており、何らかの関係があると調査中──』  東京のビジネスホテルのテレビをつけるとちょうど"私たち"のニュースがやっていた。 「おとうさん」  私は"お父さん"の名を小さく呟いた。 「おとうさん……おとうさん……」  私は男物の服を着ている。ぶかぶかの白いTシャツに黒いズボン。"私たち"はあの時、随分と焦りながら着替え直したからこうなってしまった。  ガチャリとホテルの扉が開く音がした。私はホッとして涙が出てしまった。 「おとうさん!」  私は"お父さん"に思いっきり抱きついた。
/12

最初のコメントを投稿しよう!

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます