02.これ以上ダメって言える気がしない

3/29
182人が本棚に入れています
本棚に追加
/48ページ
「そーだよ、いないよっ! 高校受験で別れたよ! くっそー! 絶賛彼女募集中だってのになんで彼女持ちの星風に群がって、フリーの俺のとこには誰も来ないんだよっ!」 「……頭の中のゲスが透けて見えてるからじゃない?」 「そこはせめて、エロと言って!」 ザックザクと人を傷つける天才。 揶揄(からか)ってやるつもりが、いつも何故だか揶揄われる形になる。 「……いいよな、星風は。そ、そういうことしたいって思ったらお前の彼女はさせてくれるんだろ? 3年も付き合ってんだもんな、も、もちろんそういうことは既に……」 興味こそ津々だが、早々チャンスが恵まれるわけでもないそういう事柄を、こいつはもうザックザクと経験しているんだろう。 できれば、おこぼれ話の一つでも聞かせて(勉強にさせて)もらいたいと煽ってみると。 意外や意外な()が空いて、返事が返ってきた。 「……そういうこと目的で付き合ってるわけじゃないから」 「……!」
/48ページ

最初のコメントを投稿しよう!