月の神様の約束

月の神様のお手伝いをするチヨ婆は、十五夜のあの日も龍笛を持って会いに行ったのだが…

水分秀二

14分 (8,000文字)
超・妄想コンテスト「月明かりの下で」応募作品です

13 178

あらすじ

とある離島の神社を守るチヨ婆は、月の神様である月読命のお手伝いも担っていた。 しかし、彼女が100歳を超えたころ、これまで通りには行かない事情が出来てしまい… ※史実を元に書いていますが、このスト

目次 1エピソード

感想・レビュー 3

思わず星を押しました

トピックから参りました。 とても面白かったです。 完成度高いです。 あらすじを見て、正直、苦手かも、と思いました。 あまり、歴史系?は好んで読むタイプではないので。 しかし、実際に読んでみると、題
1件1件

映像化して読んでいました

冒頭から引き込まれる作品でした。方言などとても雰囲気に合っていて、森にそよぐ風と風にのる笛の音など心地良かったです。 終わりの方がわかりにくかったのは、私が転生ものを読みなれないためと思われますが、読
1件1件

素敵な作品

書き始めて3ヶ月との事、非常にびっくりです。私は何なのかなと思ってしまいました。 とても読みやすかったですし、文章が綺麗でした。 文章というより世界観なのか…。 個人的にはチヨ婆の亡骸はないのか?な
2件2件

この作者の作品