『ミラージュ・コラージュ』の顛末

1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/1

『ミラージュ・コラージュ』の顛末

 今はもう削除してしまったのだが、私がエブリスタに書いていた小説に『ミラージュ・コラージュ』がある。  それは一つのメロドラマなのだが、ヒロインの和歌子が途中で、 「あっ、私は小説の登場人物だわ!」  と気づく場面がある。  しかし、私がそう書いたのではない。  よく作家が、 「書いていると、登場人物が勝手に動いた」  と言うことがあるが、あれは本当のことで、ある時突然、和歌子がそれに勝手に気づいてしまったのである。  それから和歌子は交通事故にあったり、恋人に裏切られたり、散々な目にあう。  これは、そういうことがないとドラマにならないから、私が意識的に書いた。  ところが和歌子は、その度に『ミラージュ・コラージュ』を書いている私に向かって、恨めしそうに言うのである。 「おい、さかしま(これは、私のペンネーム)! さっさとハッピーエンドで終わらせてよ!」  それでも私は小説を続けた。  正直に言って、この話をどう終わらせればいいか決まっていなくて、私はだらだらと、悲惨な事件ばかり起こし続けていたのだ。  今思えば、これは和歌子にとって「無間地獄」に他ならなかっただろう。  ある日、和歌子が言った。 「もういい! 消えてやるわ!」  その時、執筆用のパソコンがシャットダウンした。  再び画面をつけた時、『ミラージュ・コラージュ』の、和歌子に関する部分のテクストが、ぽっかりと消滅していたのである。  これでは小説にならない。  そういうわけで、私は『ミラージュ・コラージュ』を削除した。
/1

最初のコメントを投稿しよう!