第一章 受験? 受難?

1/7
77人が本棚に入れています
本棚に追加
/290ページ

第一章 受験? 受難?

 田山莉央(たやまりお)は、渋谷にあるA大学の受験会場にいた。  試験は既に始まっていて、試験会場の教室内はしーんと静まり返っている。  莉央は、英語の試験をしながら、ちらっと横を見た。そこは空席になっていた。  新堂遼(しんどうりょう) は、渋谷の駅前の歩道橋で道を間違え、試験開始時間に遅れてしまい、かなり焦って 走っていた。  外は、明け方から降り始めた雪が(みぞれ) となり、今では既に 雨になっていた。  「北海道人」の遼は、雪の中で傘をさす習慣がなく、明け方の始発の電車に乗るときには、確かに雪だったので、現在は、すっかり濡れネズミ状態である。 (全く、俺は何をやってるんだ。道順を確かめるために下見までしたのに..) 遼は、走りながら自分に毒づいていた。 (まだ間に合う。確か、20分までは遅刻が許されているはずだ)  試験開始から17分後、新堂遼は なんとか教室に滑り込んだ。
/290ページ

最初のコメントを投稿しよう!