向こう岸

月が昇れば、彼はわたしを抱く――。

7 44

13分 (7,235文字)
やや殺伐とした作品です

あらすじ

芳乃は駕籠に乗って山越えをする途中、賊が現れるのを目にした。危ういところを、通りすがりの旅の男に助けられる。麓へ下りるまでの道連れを頼むと、彼は謝礼として金品ではなく彼女自身を要求してきた。

目次 4エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/13

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る