ここから紡がれる

1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

ここから紡がれる

#一次創作お題ったー のお題に挑戦しました。『スタートライン』です。 120分で完成。前作に続いてのリハビリ仕様です。 ---------  付き合ってから初めてのケンカをしてしまった。  内容は、今考えると本当にくだらない。例えるなら犬の方が可愛い、いいや猫の方がいいと決着のつきそうにない言い合いをしていたようなものだ。  スマホを手にしてから体感で五分ぐらい経っているのに。指は全く動きそうにない。代わりに思考回路が無駄な足掻きを続けている。  原因は間違いなく自分側にあるとわかっている。彼もさぞ驚いたことだろう。普段おとなしく言うことを聞くような人間が感情をただぶつけてきたら当たり前だ。  無意識に我慢していたのだと、今さら気づく。初めてできた恋人だし、本当に好きだから絶対に嫌われたくなかった。不満があっても飲み込んできた。きっと「いい子」を演じすぎていたのだ。 『もうちょっとわがまま言ってもいいんだぞー? 俺はもう少し言われたいなぁ』  以前そう言われたことを思い出す。冗談だと流してしまったけれど、本音だった?  両手でスマホを握りしめ、深く息を吐き出す。  悲観的になる必要なんてない。ケンカしただけで「別れよう」と切り出すような人でないのはわかっている。原因は自分にあると自覚しているのだから、早く謝るべきなんだ。 「……よし」  無駄に力の入った指で、通話ボタンを押す。コール音の無機質さがどこか怖い。いきなり空中に放り出されたようで気持ち悪い。 『もしもし』  意外に普通の声で驚いた。不機嫌さを隠しているだけとも取れる。 「……あ、あの。良くん。あの、さ」  反応はない。顔が見えないだけでこんなにも不安を煽られる。 「今日のことなんだけど。……本当に、ごめんなさい」  言いたい言葉をどうにか吐き出せた。 『うん』  そっけない返答だった。想像以上に傷つけてしまっていたとしか思えず、全身が震えそうになる。 「つい、カッとしちゃって。おれ、すごく楽しみにしてたのに行けなくなって、ついわがまま言っちゃった」 『うん』 「り、良くんの都合も考えないでごめん。仕事なら仕方ないのに、今までだってそういうことあったのに、おかしいよね」 『我慢してたからでしょ?』  恋人の声に咎めるような音はなかった。それでも深く、胸に突き刺さった。とっくに見抜かれていたと知ってしまった。 『新太(あらた)は言いたいことあっても言わないで、俺に合わせてくれてたから』  いつもの自分ならとっさに反論していた。良くんに合わせてるとかそんなんじゃない。おれの意思だ。本当にそう思っているんだよ。――それが今は、出ない。 「ご、めんなさい、ごめんなさい……おれ、ほんとに、良くんが好き、で」  涙が浮かぶなんて卑怯以外の何物でもない。目元や口元に一生懸命力を込めるが、嗚咽が強くなるばかりで無意味だった。恋人ができてから、元々弱い涙腺に拍車がかかってしまった。 『俺だって新太が好きだよ。本当に好きだ』  声が少し柔らかくなったように聞こえたのは自分の願望のせいだろうか。 『正直さ、嬉しかった。やっと新太がわがまま言ってくれたって』  ――幻聴かと疑ってしまった。ケンカの原因を作った相手にかける言葉じゃない。 『何て言うんだろ……信用されてないのかな、って。俺の気持ち。俺にいつも従順なのは本心なのかなって』  電話越しに、必死に首を振る。嫌われたくない一心が、彼を傷つけていた。疑心を向けさせてしまった。 『だからほっとした。……変かもしれないけど、やっと恋人同士になれたなって思ったんだ』  想いを伝え合ってから二ヶ月は過ぎた。その間に改めて彼の人となりを知って、やっぱり好きになってよかったと思えて、けれどその嬉しさをうまく伝えられていなかった。 「……おれ、ほんとバカだ」 『な、なんだよ急に?』 「自分に置き換えて考えればよかった。良くんにわがまま言われたくらいで、嫌いになるわけないのに」  小さく吹き出したような音が聞こえた。 『そうだよ。ていうか、今までわがまま聞いててくれたろ?』 「そんなの、わがままに入らないよ」 『へえ。じゃあ、例えばどういうの?』  改めて問われると難しい。たっぷり唸り声をこぼしていると、「長すぎ」と突っ込まれてしまった。 『わがまま言い慣れてないなぁ』 「し、しょうがないでしょ。元々苦手なんだから」 『じゃあ、ひとつ例を出してやるか』  そして告げられた「わがまま」に、すぐ電話を切って身支度を整え、家を飛び出す。  たった電車二駅ぶんの距離が、倍以上に長くてもどかしかった。
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!