どこまでフィクションな恋物語か

1/1
3人が本棚に入れています
本棚に追加
/10ページ

どこまでフィクションな恋物語か

#一次創作BL版深夜の真剣60分一本勝負 のお題に挑戦しました。 ・文化祭 のお題を使用しました。無理やり感ハンパないです💦 ------- 「今日は抱きしめるだけ。次来た時、まだ僕のことが好きだったらキスしてあげる」  もちろん、好きなままだった。抱きしめられた時のあの高揚感と幸福感は、初めてに等しい強さだった。 「好きでいてくれてありがとう。じゃあ、約束通り……キスしてあげる」  人生で初めてのキスを、同性から受ける。  いや、性別は関係なかった。相手がこの人だったから、唇に最初触れられた時も、二度目三度目と繰り返されても、嫌な気持ちにならないどころか、もっと欲しくなった。  この人への想いは嘘じゃない。本物だとようやく確信できた。 「おれ、あなたのこと本当に好きです。何があっても絶対ぶれません。だからもう、確認はいりません。……付き合ってください」  自分を気遣って、段階を踏んでくれていたのはわかっていた。  今こそまっすぐに応えたい。偽りない本心を届けたい。 「……また、会いに来るよ」  返事はもらえなかった。それどころか、約束もなかった。  確定された未来が目の前に降りてくるはずだったのに、一瞬で手が届かなくなってしまったようだった。  嫌な予感がした。「会いに来る」と言われはしたが、それも果たされない気がしてならなかった。  ――今度は、自分から会いに行かなきゃダメなんだ。怖いけれど、怖じ気づいていたらダメなんだ。 「まさか、君から来てくれるなんて思わなかったな」  唯一の手がかりだったバイト先に何日も張り込んで、ようやく会えた想い人。本当に来るとは思っていなかったようで、純粋な驚きだけが存在していた。  その場で言葉を連ねようとした自分の手を取ると、建物の裏に向かう。改めて対峙するも、なかなか彼は目線を合わせてくれない。 「……おれ、本気です。抱きしめてもらった時も、キスしてもらった時も、すごく嬉しかった。気持ち悪いとか全然なかった。……あなたは、違うんですか?」  最後の問いかけはしたくなかった。その通りだったら立ち直れない。どうして期待させたんだと、恨みさえしてしまいそうだ。 「本当に好きになってくれるなんて、思ってなかったんだ」  ようやく発された言葉は、意味のわからない内容だった。 「改めて告白された時に、僕も同じくらい好きなのかなって思ってしまったんだ。……僕からあんなことを提案したのに、最低だよね」  最初に告白した後、段階を踏もうと言ったのは彼からだった。 『僕も好きだけど、本当に同じ気持ちなのかわからないから。確かめる意味でも、少しずつ恋人らしいことをしていこう?』  結果は確かめるまでもなかった。だからこそ二人のこれからに心躍らせていたのに、現実は非情になりかけている。 「それで、どうなんですか。おれのこと、本当に……好きなんですか? キスとかしたいって思うくらい、好きでいてくれてるんですか?」  声が震える。そうだと肯定してくれ。お願いだから、おれを否定しないで。  掴まれたままだった腕をぐいと引っ張られた。否応なしに目の前の胸元に飛び込む形になる。体勢を整える間もなく、頬を包まれた。  呼吸のまともにできないキスをされている。口内を動き回る柔らかいものは……彼の、舌? それに、たまに聞こえる変な声はもしかして、自分のもの?  無理やりされているのに、呼吸もまともにできなくて苦しいのに、背筋がぞくぞくしてたまらない。気持ちいい。 「……こういうこと、したくてたまらないって思ってたよ。だから、本当は今日会いに行こうって思ってた」  こちらを見つめる瞳が熱い。気を抜いたらあっという間に染められてしまいそうなほど、鋭い光で照らしている。 「もう絶対離してあげられないよ。それでもいいの?」  返事の代わりに、初めて自分からキスをした。 「……っていう台本はどうよ? さすがに文化祭の舞台向きじゃないかなぁ」 「当たり前だろ! しかもこのネタ元ってお前とバイト先の先輩とのやつじゃねえか!」 「もちろんある程度加筆修正してるよ? 例えばべろちゅーなんて実際されてないしね。キスはされたけど」 「……それ以前に平然とネタにできるお前がこええよ……」 「でも恋愛ものとしてはなかなかいいんじゃないかなーと思うんだけどなー。書き直すのも面倒だし、いっそのことおれを女子にしちゃうか!」 「先輩見に来たらどう思うのかね。知らんけど」
/10ページ

最初のコメントを投稿しよう!