神あった

1/3
14人が本棚に入れています
本棚に追加
/158

神あった

はじめに、神あった。 はじめとは、同時にいつか来る終りを告げるものであり、その二つを一つにするものでもある。 神は、それを照らす光であり、それを見る目である。 神とは、その鳴らす音であり、それを聞く耳である。 神とは世界、世界とは、これ木に彫られた人の形とするなら、神とはそれを彫った(のみ)でもある。 そして。 人 これもあった。 人は神の形をとったものであり、また神の被造物。 なぜなら、人は自然の被造物であり、また自然に鑿入れるものであるからだ。
/158

最初のコメントを投稿しよう!