あの子は土の中で何を思う

住み込みの仕事で相部屋だった女の子、闇を抱えたあの子が突然いなくなった・・・

24 244

ホラー 完結
10分 (5,841文字)
「あの子がいなくなった」応募作品。スター、本棚登録、有り難うございます

あらすじ

とある山間の温泉街、古びれた昭和の香り漂うスナック 都会から離れた僻地で、住み込みをしながら働く女の子たち 彼女たちは皆、何かしらの闇を抱えて苦しみながら生きていた そんな中、二人部屋で共に生活してい

感想・レビュー 2

行動への活力

とある山間の温泉街。そこから更に奥まった場所で水商売に従事する主人公の美沙さん。彼女を始め、ここで働く女性たちは何某かの事情があるそうです。 “サキ”として働く美沙さんのルームメイトがいなくなった。

足元が怖い…

今までの作品とまるで違う描き方に驚きながら 拝読させて頂きました(^^) 続きが気になってラストまで一気に。 場面を思い浮かべてしまい怖い……^^; これがまさしくテーマそのものだなぁ…… まさかのホ

その他情報

公開日 2019/9/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る