オータムブロッサム

秋になると必ず思い出してしまう。あの日に置いてきた、忘れられない春を。

3 23

青春 完結
14分 (7,989文字)
妄想コンテスト「あの子がいなくなった」へ応募するために執筆しました。青春小説初挑戦です。宜しくお願いします。

あらすじ

痴漢の魔の手から救ったことをきっかけに、山下祐樹は高橋美幸と出会った。 最初は警戒されつつも、徐々に心を開き見せた美幸の笑顔に、祐樹は心を奪われた。桜のように薫る、優しく笑う姿を。 しかしある日、

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/15

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る