高科先生の難題~放火魔は誰?~

高科先生とのお茶の時間、そこにはいつも紅茶と事件の香りがする。

38 95

12分 (6,911文字)
のんびりシリーズ化してみます(*´ω`*)

あらすじ

 学部一の変わり者、高科准教授のいる高橋研に配属されている院生の清野真。学部生のいない穏やかな午前中のこと、高科先生とのお茶会が開かれる。そこには時折、事件の香りが漂ってくる。  ミステリー勉強中で

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 1

大好きな安楽椅子探偵が一人増えました!

拝読いたしましたm(__)m 私がミステリーで一番好きなのがアームチェア・ディテクティブです。そんな大好きな世界を短い中でとてもスマートに見せていただきました。 このスタイルはなんといっても探偵になる

その他情報

公開日 2019/9/19

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る