感情の共有

1/1
1人が本棚に入れています
本棚に追加
/9ページ

感情の共有

 まだ離れたくないな、と思ってしまった。  相手からすればただのわがままだ。しかも二人きりで出掛けたのはこれが初めて。それなのに求めすぎじゃないだろうか。 「どうかしたの?」  口数が減っていたらしい。慌てて作り笑いを返して、本当に今日は楽しかったと改めて感想を伝えた。  お世辞抜きに、ただ楽しかった。この人と一緒にいるととても心地いいし、多分「ピースがかちっと嵌まる」感覚はこのことを言うんだろうとさえ思えたくらいだ。  視界の先に、駅の出入口が見えてきた。あそこに辿り着いたら今日は解散しなくてはならない。  ――果たして、この人も同じ想いでいてくれているんだろうか?  そうだ、今日があまりにも楽しすぎてその可能性を忘れていた。下半身から力が抜けていくような感覚に襲われて、一気に未来が怖くなった。  足を止めてしまった自分を、想い人は怪訝そうに振り返った。  絶対に、この出会いを無に帰したくなかった。この人とこの先も付き合っていきたい。 「……っあ、の」  声は驚くほどに震えていた。目の前の表情が明らかな心配顔に変わる。違う、具合が悪いんじゃない。反射的に首を振ってから、勇気を出して左腕の裾を掴んだ。 「もう少しだけ、付き合ってくれませんか」  わずかに開かれた目を必死に見つめ続ける。拒否されたら、という恐怖で押しつぶされそうな心を意地で食い止める。たとえどんな結果でも、この選択をしなかった後悔だけはしたくなかった。  自分にとっては五分くらい経ったような感覚が身体を走った時、右手に少し湿ったようなぬくもりが触れた。 「ありがとう。……実は俺も、同じことを考えていたんです」  ——ああ。少なくとも今は、同じ気持ちを共有しているんだ。  望む未来への足がかりになれた。それだけで今はたまらなく幸せだ。  触れたままの手に相手の指が絡まる。優しく込められた力に引かれるかたちで、解散予定だった場所とは反対の方向へと歩き始めた。
/9ページ

最初のコメントを投稿しよう!