夢と言われたら、それまでだけど

私はその日、缶ビールを一缶置いて、手を合わせてから、その部屋をでた。

4 6

7分 (4,109文字)
夢か 現か

あらすじ

 なぜか皆、信じてくれない怖くない怪談話。  むしろ手を叩いて笑われて、言われることは「うっそだぁ。」の一言ばかり。 **********  一人で勝手に超・妄想コンテスト開催(笑)  文章力を鍛える

タグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

その他情報

公開日 2019/9/17

この作品を読んだ方は、こちらの作品も読んでいます

もっと見る