熱帯夜

1/17
232人が本棚に入れています
本棚に追加
/17ページ
「ああん、もっと」 「もっと、なに? 言ってごらん」 AV男優を真似た囁きに、内心冷めながらも、喘ぎながら顔を歪ませ、直也の背に回した指に力を込めた。 「……も、イッちゃう」 中イキなんて一度も経験がない。けれど、あたかも男性器のみで快感を得ているように、わざと腟内に力を込める。 早く終わってほしいから。 「俺も、イキそ……」 激しく腰を振られると、私は派手に声を上げ、つま先をピンと伸ばした。 直也も、ほぼ同時でゴムの中で果てた。 「気持ちよかった?」 毎回同じ質問にテンプレで答えると、彼は満足そうに終わりのキスをした。 目に見える男のオーガズムと違って、女は自己申告で済むから楽だ。 けれどいつから私は、こんな嘘つきで演技上手な女になったのだろう。 身体を重ねれば重ねるほどに、虚しさが募る。
/17ページ

最初のコメントを投稿しよう!