0 41

1分 (536文字)
日間83位、ありがとうございます。

あらすじ

町に一つ明かりが灯るたび、その明るさで空から一つ明かりが消える。 それでも変わらず月はそこにある。 段々とヒトリになる月は何を思うのか。

タグ

シリーズタグ

目次 1エピソード

感想・レビュー 0

感想・レビューはまだありません

この作者の作品

もっと見る