サークル打ち上げ

1/1
87人が本棚に入れています
本棚に追加
/14ページ

サークル打ち上げ

講義が終わって拓也が寄ってくる。 「悠斗、今日この後サークルの打ち上げだってよ。行くでしょ?」 そうだった、でも打ち上げって気分じゃない。 「俺、パスするわ」 「へぇ、パスでいいの?」 何か知っているという意味ありげに意地悪な顔する拓也。 「な、なんだよ」 「打ち上げに凜ちゃんも来るって言ってたし、佐野も参加するってよ?いいの?ほっといて」 ふふっと含み笑い。 それは、それで心配だ……。 「わかった!行くよ!」 半分やけになりながら、打ち上げの場所へと拓也に引きずられながら、ついていった。 打ち上げの場は最悪で、俺の隣は拓也で、離れた席に凜と佐野が隣同士でくっついていた。 会話は聞こえないが、仲良さそうに見える、が…たまに凜が困ったように俺に視線を流してくる。 はぁ…小さなため息をつくと、拓也が欠かさずチャチャを入れてくる。 「そーんな熱く切ない視線を凜ちゃんに送っちゃってぇ」 ぶはっと飲んでいたレモンサワーを吹き出す。 「うるせぇ、そんな目で見てないし!」 「あーぁ、凜ちゃん佐野に絡まれてんじゃない?助けてやれば?」 「助けてばかりじゃダメだ、自分でもかわせるようにならないと」 そんな事を言う悠斗に拓也は苦笑いした。 打ち上げも終わり、ガヤガヤとサークルの仲間が店の外に出始めた。 二次会のカラオケに行く同士集まり、そのまま帰る人と別れる。 少し離れたところに凜と佐野がいた。 佐野が何処かに誘っているようで、凜は帰ると言っているようだ、そのうち佐野が凜の手をとり連れて行こうとした。 それを見て俺は── ちょっと、待ったーー 心の中で叫ぶ。
/14ページ

最初のコメントを投稿しよう!