1分で読める、これまでのあらすじ

1/1
39人が本棚に入れています
本棚に追加
/119ページ

1分で読める、これまでのあらすじ

 七都の家のリビングには、どこにも通じていない、不思議な緑の扉があった。  ある日、飼い猫のナチグロを追いかけ、その扉を通り抜けた七都は、そこが別の世界で、自分がその世界で恐れられている『魔神族』であり、風の魔王リュシフィンとも関係があることを知る。【第1話 緑の扉】  七都は夏休みに再び『向こうの世界』への扉を開けるが、道案内をしてくれるはずのナチグロ=ロビンに、『魔の領域』の中にある風の都に1人で来るようにと言われ、置き去りにされてしまう。  その直後、魔獣グリアモスに襲われた七都は魔神狩人の少女に助けられ、前回来た時に知り合った、アヌヴィムの魔法使い姉弟の館で手当てを受ける。  彼らに魔法や剣の使い方を教示された七都は、自分が何者であるのか、また、15年前から行方不明の母に会うため、そして、グリアモスから受けた胸の傷を治すために、魔王と魔神族が住むという『魔の領域』を目指して旅に出ることにする。【第2話 魔神の姫君】  果たして、七都は『魔の領域』に到着できるのか。  そして、母や魔王リュシフィンに会うことはできるのか。
/119ページ

最初のコメントを投稿しよう!