下校デート

11/12
1252人が本棚に入れています
本棚に追加
/282ページ
「どこだと思う?」 思わずそのまま聞き返してしまう。 「えーなにそれ。教えてくれるんじゃないの?」 不満げな渋谷の声がする。 思わず笑ってしまう。 「そういう、ちょっと子供っぽいところも好きだよ」 「なっ……」 渋谷の動揺した声がしてちょっと意地悪な気持ちになる。 「あと、アホで馬鹿なところ」 「いや、ひどくね?」 「あはは、ごめんて。でもほんとに好きだよ」 妙なテンションだな、とどこか遠いところで思う。 「なにそれ、今日サービスデーなの?」 奇遇だな。 僕も同じこと思ってた。 だからハイなのかも。 「あと、格好いいところ」 王子様みたい、と思っていたけれどそれは言わないでおく。 「ふは、ありがと」 よく言われるんだろうな。 さらっとこっちには返事が返ってくる。 「以上」 「……思ってたより言われるのって照れるな」 「うん」 ほんとそう。 言うのもだけど。 普段自他共に認める素直じゃない人間の僕にとっては結構かなり。 ちょっとほっとした。正直。 渋谷が「なんとなく」で僕と恋人をしてたらいやだなあと思っていた。 もちろんあらぬ疑いなんだろうけど、でもやっぱり。 なぜなのか、すごく不思議だった。 別に綺麗でも何でもない同性と付き合おうなんて、結構変わってると思う。 いや、偏見がないわけじゃなくても、今は少し良くなっているし、そういうものなのかも。 渋谷が僕を好いてくれてる。 後のことはともかく、これだけは確かみたいだから。 ほっとした。 「ねえ中野」
/282ページ

最初のコメントを投稿しよう!