ボクと

1/1
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/6ページ

ボクと

瞬き一つの間に、それ(・・)は現れた。何故虚空に…と思うより先に、辺りが静かになっていることに気がついた。 炎は凍ったように固まり、黒い煙も雲のように動かなくなっている。私とそれ(・・)だけ時間の狭間に落ちてしまったかのようだった。 『初めまして。今、ボクとキミ以外の時間を止めてるんだ。驚いたぁ?…まぁ、ボク、これ苦手だから3分しか持たないけど。だから早く決めてね! 死か乗り移りか!』 「…ど、どういうこと?」 唯一自由に動く瞳を目一杯に開いた。頭が追いつかない。 『えっとねー? このままだとキミ、死んじゃうんだよ。そこで! たまたま通りかかったこのボクが、キミを助けてあげようか?って言ってるの。分かった?』 可愛らしい男の子はその顔を傾げた。それと一緒にふわっと銀の髪が揺れる。 『…で、どうする?』 ニヤリと笑う緋色の目を、綺麗に思った。もし、手が動いたなら、私はそれに手を伸ばしていただろう。そう思うほどに綺麗だった。 「貴方は…悪魔、なの?」 『さぁ……どっちだと思う?』 男の子は『それより早く決めた方がいいよ』とワザとらしく話題をそらす。大した覚悟は出来ていなかったが、死にたくないという思いに負け、私は大きく息を吸った。 「助けてっ……!」
/6ページ

最初のコメントを投稿しよう!