大罪になってよ。

1/2
7人が本棚に入れています
本棚に追加
/7ページ

大罪になってよ。

『私』は再びニヤッと笑った。 『おねーさん、言ったね?悪魔との契約を違えることは許されないよ?』 私はゴクリと唾を飲み込む。彼の気持ち悪い気配で、全身の毛が逆立つような感じがする。魂の全てで、彼を危険だと察知した。 『私』は何かぶつぶつと唱えだした。それに反応して辺りの風が円を描き出す。私も身体を風に包まれる感覚に襲われた。 少しして風が落ち着いてきたのを感じると、『私』はまたあのニヤッとした笑顔をこちらに向けていた。 『契約、成立だね。ボクの名前はレヴィアタン。よろしくね』 「私はCordelia(コーデリア)・W・Horne(ホーン)。……よろしく」 挨拶が終わると同時に、身体がフワッと浮いた感覚がしたと思うと、直後、重力の全てが体にかかったかのような感覚に襲われた。 「なにっ……こ、れ」 あまりの重さに、思わず膝をつく。そこでハッと気づいた。体が動かせるようになっているのだ。 思わず両の手を見つめた。グー、パーと力が入るか確かめてみるが、違和感なく動いてくれる。 『どう?久しぶりの自分の体は』 「不思議な感じ……こんなに重かったっけ?」 リヴィアタンはクスクスと笑った。その声は頭の中に響いているのだと、ようやく気がついた。 『少しの間でも肉体の支配権を奪われていたからね。そう感じるのも無理ないだろうけど……悪魔や天使が肉体を持たない理由が分かったんじゃない?』 「…じゃあ、あなたのあの姿は何?」 少し、考えるような沈黙の後、リヴィアタンは答えた。 『…まぁ、昔の知り合い……みたいな?』 その声色は、深い苦しみに染まっていた。
/7ページ

最初のコメントを投稿しよう!