第三章 大切な人への誓い

40/49
1259人が本棚に入れています
本棚に追加
/133ページ
 苛立ちはあるが、それほどの悪意はなかったと知ったのは大きかった。この年代の少年が起こしがちなトラブルだと鷹也は感じた。  真澄は鷹也と出会って、出産することに問題はなくなった。だが、想像以上の人数の少女が、望まない妊娠と中絶を経験しているのだろうと、小さく溜息が出た。  少年が、将来どんな大人となるかは分からない。真澄たちと無関係なら、どうでもいいと思えた。東京から少し離れた県だ。二度と会うこともないだろう。  鷹也が見つめる中、少年は素直に書類にサインをしている。どうして、話をする前に書類ができているのか気づいてもいない。そして、少年は成人年齢に達していないので、彼のサインだけでは書類としては無効だ。  だが、未成年同士の交際妊娠だ。何もなかったことにしたいのは、少年の保護者も、真澄の両親と同じと考えて問題ないだろう。  書類の無効を主張する可能性はほぼゼロだ。鷹也はようやく安心した。  「これで君は、彼女とその子供とは無関係。この書類を渡せば終わりだ」  明らかにホッとした表情に、鷹也は内心可笑しかったが、言葉は、やはり逆だった。  「君も大変な思いをしたのだから、もう少し食べたらどうだね。  ホッとしたら、おなかが空いたのではないかな」  想定どおりに動いてくれた少年への謝礼代わりだ。
/133ページ

最初のコメントを投稿しよう!