人であるということ

人間味をとても感じられる、背伸びしてない作者の、等身大で親しみやすい作品でした 人って過ちを繰り返しながら成長出来る愛すべき可愛い生物だなと、読後感も爽やかでした 誰もが経験した事のあるような、

/1ページ

1件