5日目の運勢は?

11/12
42人が本棚に入れています
本棚に追加
/241ページ
「蛍…ね?蛍の身体は もう俺のモノだから」 静流のその言葉に キュンって心臓が締め付けられた。 ドキドキしてきて…いたたまれなくなってー 「か…勝手にそう思ってればいいだろ」 「蛍…うん!」 静流が ものすごく嬉しそうに 笑ったー なんだって 俺は 最終的に コイツを喜ばしているのだろうか? でも…屈託もない無垢な笑顔を向けられると…どうにもならなくなるんだ。 「蛍…好き好き好き好き大好き…死んでも好きっ!」 お決まりの呪詛が始まったー 学校へ着くと 皆が 俺達を避けて行く。 但し、女子だけが 静流を取り囲む。 「都並くん、大丈夫?」 「うん…大丈夫だよ。恥ずかしいな…貧血で倒れるなんて…」
/241ページ

最初のコメントを投稿しよう!